1棟コストダウンできれば年間いくら利益?

コストダウンサービスを提供していると、サービス価格が高価すぎると言う工務店がいますが、実際そのサービスを受けたら1棟あたりいくらコストダウンできるか、という話になります。

住宅の建築には数千という部材が使われ、たくさんの職人が携わるわけで、それら一つ一つを丁寧に交渉してコストダウンしていけば、1棟あたり数十万のコストダウンは普通にあり得ます。

仮に1棟当たり20万円コストダウンできたとして、年間20棟建てている工務店なら、年間で200万円も粗利が増えることになります。

コストダウンサービスをしていると、たまに「コストダウンした分お客さんに値引きできるから、これが営業の武器になる!」という社長さんがいます。

この方法はオススメしません。

数千万円の買い物をされるお客様に20万円の値引きをすることは、あまり効果がありません。2400万円の家と、2380万円の家では価格で差がつくことは無いでしょう。

それよりも、コストダウンして浮いた分の利益は会社の宣伝広告費なり、営業マンの研修費なりに使うほうが有意義です。

それで受注棟数が増えれば、メーカーや職人への注文を増やすことができ、コストダウンした分を「充分な仕事を与える」という形で還元できるからです。