弟の家

弟は、就職すると同時に単身赴任になってしまったので、実家をすぐに出て行き、社宅に入ることになりました。
でも、一人暮らし用の部屋なので、きっと狭いのだろうなと私は勝手に想像していたのですが、どうやらそんなことはないらしく、なんと、ワンルームですが、10畳もの部屋が与えられたらしいです。

その後に彼はまた別の所に赴任になったのですが、そこは、前の家よりも間取りが広くなりました。
1DKで、部屋の大きさはなんと15畳です。今まで15畳の部屋というのを見たことが無いので、どんな広さなのだろうと考えてみましたが、とりあえず、ベッドを置いてもまだまだ余裕がある広さだろうなというくらいの想像しかできませんでした。

母がそこに遊びにいった時には同じ部屋で寝ることになったそうですが、部屋が広いので、同じ部屋で寝ているという感じもなかったそうです。
いい社宅に住んでいて、家賃も安いなんて最高だなと思いましたが、弟は東京に戻りたいと言っています。