子供の時に住んでいた家

私が子供の時に住んでいた家は、とても広い平屋の家でした。長い縁側があったのですが、そこをよく走りまわっていました。鬼ごっこをしたり、かくれんぼが家の中でできていたのです。二階建てにはとても憧れていました。
友だちの家に行くと、必ず部屋が二階にあって可愛いバルコニーもあるのです。そんな家にも、子供心にとても憧れたものです。でも私は平屋の家が大好きでした。
いつだって両親の部屋に行けるし、ほとんどがつながっているので面倒な事もないのです。でも私が高校生の時に、家の建て替えをしました。二階建てになったのです。最初はとても戸惑いましたが、やはり平屋のほうが私は好きだったのです。
あんなにも広くて、古い家でした。トイレもお風呂もとても古かったです。それが当たり前で、今思うととても懐かしいのです。今じゃ平屋もとても少なくなってきました。まだあの家が残っていたら、私はもっと嬉しいでしょう。でも今ではとても良い思い出として、私の中に残っているのです。