工務店の人件費削減

工務店に限らず中小企業における経費の中の人件費が占める割合は決して低くなく、多くの経営者を悩ませています。

人件費削減で今最も有効な手段の一つに、クラウドソーシングがあります。

工務店経営者には聞き慣れない言葉かもしれませんが、簡単に言ってしまうと外注です。

例えば見学会パネルを作るとか、図面のトレースをしてもらうとか、パースや模型を作ってもらうとか、さらには経理業務をやってもらうとか。

最近のクラウドソーシングは多くの人が働き手として登録しています。

特に昔設計事務所で働いていた建築士で引退した方や、産休・育休・介護休業中の各専門家が小遣い稼ぎに多数仕事を請け負ってくれます。

工務店やビルダー、ハウスメーカーなど、いわゆる住宅事業主と呼ばれる業種では専門知識が必要なので社内のちょっとした作業も外注に出しにくい、と思っている方が多いようですが、実際にはそれらの業種で実務経験があり、事情があって家から出られない、という方がたくさん在宅で仕事を請け負ってくれます。

アルバイトを雇って社内で時間給を払うよりも、クラウドソーシングで作業ごとの単価を決めて発注するほうがずっとコストダウンになります。